URASIOイベント マンガ家 タナカカツキ先生の巻

で、わしのカリスマの一人、タナカカツキ先生が来阪してなんかしゃべるというので、わざわざスケジュール帳にも
タナカカツキ先生来阪と赤字で書いてこの日をまってました。34にもなって。
アイドルのケツを追っかけるならいざ知らず。
で、イベントですが。近来まれに見るぐだぐだっぷりで、タナカカツキ先生、途中で帰っちゃうんじゃないかと思うくらい緊張と弛緩の連続でした。
100_2859.jpg
話の内容は大きく分けて大学(京都精華大学、学園祭でブタを絞めるという由緒正しい大学、大阪芸大のライバルです。わしは推薦で人文いこうとして落ちました。
高校の先生いわく、もうちょっとやったみたいやでといわれてましたが、いまとなっては大阪芸大でよかったなあとも思います。)
と幼稚園だったか小学生のときだったかに自我が開眼し、死についていろいろ考えていたといったはなしや、いいとも構成作家をされていた際の、
テレビエピソード、出版社の体制など、スーパーバラエティな2時間でした。

なによりすごいのが、そのままぐだぐだ打ち上げ(会場そのまま、特に飯もなく酒が出るというわけでもなく、タナカカツキ先生を囲んでおしゃべり!なんという贅沢!
しかも先生みずからいろいろとお客さんにご質問くださる!)が続き、僭越ながらわしも参加してまいりました。
イノリのとこで結婚記念日カニパーテーとのことで、そっちも行きたかったですが、それにもまして先生のオモロ話を聞け、楽しく過ごしてまいりました。
聞くところによると、先生もご結婚され一女の親とのことで、子をもつたのしみ(まるで人生の再体験をするような)に関して意見を交わせたり、
大人な一夜をすごしてまいりました、
で、酔いが回りお暇を申して席を立ち時間を見ると朝の4時。

え!?7時スタートのこのイベントで、9時間しゃべりっぱなし?!!!

なんてゲストに厳しいこのイベント、まるで奴隷ようなゲストの扱い、これはもしかしたら新しいイベントの可能性を秘めているのかもとか思いました。
しかも、わし途中で退散したので、続きどうなっているのか知りません。
いやーすごいイベントだった。

で、わしの便所図書館のオールタイムベストの一冊、ブッチュくんオール百科に、サインいただきました。
んですが、

あ無事故無事雄って書かれてる!
100_2860.jpg

じつはタナカカツキ先生が 無事故無事雄先生のアナーキーのほうだったんですね。

いい勉強になった一日でした。

で、このぶっちゅくんをオークションに出す許可もいただきましたんで、そのうちオークションにほり込みます。
さて、オークション掘り込んでみましたのでじゃんじゃか入札くださいませ!

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r32022634

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です