うしゃしゃ!! ざxこxば サイト公開!!www.zxkxb.com

 やっぱり高いお茶はうまいのう!!

 不肖私も参加するハードコア”うまい酒と肴があればべつにOK”バンド

ざxこxば

 がウェブサイト作りました。

 
これからなんだかかんだか充実するだろうから、適当にきよし! 

www.zxkxb.com

Y字型ギターがバージョンアップ。Tritare -A New Family of Stringed Musical Instruments

世に改造ギターは数あれど、なんだかこいつにはかないそうにないなあという感じ。
Y字型ギター、以前はナチュラルのやつやったけど、今回は塗装した?それとも
ローズウッドなんかな?
toritare

このtritareとかゆう変体ギターは、ネックが3本が交差するようにボディーについとる。
ちょうどフライングVのケツがネックになって、 90度まわっとるのやなあ。
弾くのは通常ネック位置のやつと、その反対にあるやつ、反対のほうはフレットレスのよう。
以下に大学のえらーいコンペティションでおこなったプレゼンテーションの資料が
あるのやけど、なんや理系でわからん。と、サイトにサンプルがあったので聞いてみると、
なんや、えらいリバーブのかかるシタールといったところ。

Aの開放(音源へリンク)
ほかのサンプルは以下にもあるわ。
件のプレゼン資料ASA 151st Meeting Lay Language Papers -A New Family of Stringed Musical Instruments

さがしてみると、本家サイトがあって、そっちには曲のサンプルが。

Overtune

怪しさ満開、とりあえずディストーションつなげるような楽器ではないわな。

http://www.tritare.com/?

ほしぇええええええええーーーー!!針のいらないレコード・プレーヤー/株式会社エルプ(ELP CORPORATION)


ぼんやりとすごしておると、目の覚めるようなニュースが。
針のいらない、完全非接触型レコードプレイヤー。
傷があっても、えらい反り返りまくりでも、バッチリくっきり再生しまっせ!とのこと。

というか製品自体はかなりまえからあるようじゃけど、この会社がまたそれだけで生計を立てておられるようなので、
日本製造業の誇りといえる感じ。
気になるお値段はUS$で8000-。日本ではオープン価格とのことやけど、
グローバルビジネスちゅう怪しさ満載商社では、105まーんえーん。
わし今月のこづかいが0円なんで、一生かかっても無理やね。

針のいらないレコード・プレーヤー/株式会社エルプ(ELP CORPORATION)

しぶいmidiインターフェイス:monome

105867843_ceaca957ef_o.jpg

またかっちょよろしいデバイスがでてるんですが、LEDでピカピカ光って、ボタンでポチっと押すとトリガーになってて、そんですごいいっぱいボタンが並んでて、あーこれはむかついたときPCキーボードをグシャグシャとたたき散らすように使えば気持よさそうで、ほしい感じです。
ボタンも、シリコン製のようで、デバイスフェチズミストとしてはあーもう撫で回したい感じです。

monomeが実際に動いているビデオ

monome

ブルータルうんこ子供音楽 HappyFlowersの動く姿がDVDになった!

Mr.Anusミスターアヌス菊門氏MR.HCI ミスターホリブリーチャレッドインファント、ごっつい黒焦げの幼児氏
その存在を教えてもらった当初は、絶対日本盤はおろか来日もないなと心のそこでは確信していた、けれど最愛のうんこ音楽バンド、HappyFlowersがあろうことかDVDに、しかも100枚限定!なけなしの小遣いの2/3はたいて購入しましたよ。

なんとも20周年記念ライフをたっぷり収録された、ゴージャスなしっこチューンの連発に、涙腺もうるみ、そのアグレッシブかつまるで自分をみているかのようなおっさん体型に、ロックは外見じゃねえ、魂だ!と再確認し、
わし魂の名曲、BB GunやCharlie got a haircutも入っててたので、いっしょにエアギターをしました。
http://www.lostfrog.net/index.html
http://hometown.aol.com/mrhcihf/index.htm
http://hometown.aol.com/mrhcihf/index.htm

もう20年前ですよ。BeastieBoys feats.黒木香

WS000000.JPG

[coolplayer width=”320″ height=”240″ autoplay=”0″ loop=”0″ charset=”utf-8″ download=”0″ mediatype=””]
BeastieBoys feat 黒木香
[/coolplayer]

なんちゅうか、若いですね。当時親に隠れてヘッドフォンで見てました。
MRMありがとう。

死んだものと思ってた!生きてたのか!Keith Levene

かなりまえになるけど、http://www.invisiblerecords.com/ をぶらぶらしてたらPILトリビュートTribute: A Tribute To PiLを発見。
そんときはアマゾンにもで回ってなく、どうしたものかと、会社の先輩(ちゅうか、40代なので先輩ゆうよりかは上司、ちゅうかリアルタイムでパンクが巻き荒れたロンドンにいた!今でも金髪でSIDベルト、しかもclashを愛している偉大な方。今の会社入る一因もこの人と話したかったてのがある。)で、その御大に相談したところ、購入してみるとのことで、待つこと早幾年。「これ」と手渡され、大いに感謝した。で、一曲目のPublic Imageのカバーでレビィンのフレーズが流れ背筋が寒くなり。あーもうあのソリッドなギター聞けないのかと感傷にひたりつつPILまわりを調べておると、

なんだ生きてるやん。下のバイオグラフィみると、今年Mark Stewart & the Mafiaに参加してるみたいやわ。 しかしこのサイト以外どこにもリソースがない。いったいなにして生きていってんだろなあ。

PiL – Keith Levene – PiL People / Members

初期の傑作たち。個人的にはflower of romanceが最高。当時、これこそがダンスミュージック!!だと思った。

Public ImageSecond EditionThe Flowers of Romance

Public Image 怒涛のファースト
Metal Box当時、金属缶入りは5万とかしてた。
flower of romance最高のダンスミュージック。

1stも当時(ぼんくら中学生、NewWaveに傾倒していっていたが、それまではAORとはっぴいえんどだった) はなんのことかよくわからなかったが、今聞くと、非常にPOPやねえ。

はるかちゃんとは、えーとワンワンズのねーちゃん。

昨日、仕事帰りに長堀のジャンク玩具屋にいったら、
はるかちゃんがバイとしてた。まったくおもいがけないとこであったので、むっちゃ動揺した。あいかわらずきれいなひとや。またあそぼ。
さいきんみぎてがおかしい。妙に痛む。

寝屋川はおそらくモンチェスターデスロック。あー、どんな女子高生だったか覚えていない。残念。

スピードは早くなる。
BOREに感じてしまう。
残るは、恐怖。
たまらない。
5/19
寝屋川。
様々な人々に出会う。
みんな、無意識で必死に生きようとしている。
必死に生きよう。
真剣にゲームをしているすさまじく普通な、気が触れた
女子高生にであう。
凄まじい。まったくわからなくなる。
山盛りの嘘。
自己欺瞞。
するということと、しないということ。
もうひとつ。

最初で最後のニンテンドー69。

27日は学校で新入生歓迎祭。ユニット「ニンテンドー69」をしどうさせる。セガサターン、MSX、MTR、ヴォイスチェンジャーのノイズ合戦。気分は最高だった。つぎは女性をいれることに決定。しかし、新入生の男の子あまりさえないなあ。とか毎年言ってるな。

あと、250ccバイク、ルームランナー、ドラ、お手製着ぐるみなどがあったはず。

写真とってりゃよかったな。

スーパーニンテンドー69、俺ジャンクのひとつの頂点。記録がないところがまたすばらしい。

今日は、4時ごろこんぶ邸で目が覚めた。空はいい天気。 でかい音で、KEN ISHIIのグリップをかけている。 がっこうにいく。一食前の原っぱで、「だれが、どこで、なにを」ゲーム。 日が暮れて、こんぶ邸にもどる。 京都いく、いや、しんどいしやめ、など様々な人間の様々な言葉が飛び交うなかで、モンチェスターデスロック用に曲を3っ作る。 とりあえず飯を喰うことに落ち着いたようなので、 ちょっといただいてから、チョッピーんちにいく。 スーパーニンテンドー69のためのミーティングにいったのだが、 結局みんなと落ち合えず。モンティーパイソンのホーリーグレイルを借りてかえる。 いま、こうして書いたものをながめ、その様子を思い出そうとして見た。思い出す、その記憶は、どこにあるのか。光景は確実にカラーがつき、うごきもともなっている。音声、触感、私の状態というのは伴っていない。そりゃ、ぜんぶ供なっちゃ、そのときと一緒だからな。それでも、記憶を思い返すというのは実に不思議。どこで画像を結ぶのか。「見る」ゆーことがあいまいになってくる。

そんでもって、歓迎祭には出してもらえなかったか、または寝坊した。

がっこにあそびにいく。新入生歓迎祭用のばんどのテープを作る。
メモ用紙に、5曲作り上げ、そっこうで録音。おれのリミックス・インプロバイズド・カットアップギターきいて、「武さんギターうまいなあ。」「みんなできることやん」と俺。「そやけどね、、、」この会話、今まで何度してきただろう?どうやったらうまくできるだろう?どっからせつめいする?もう、かったるいわなあ。3代目魚武じゃないけど、自由になあれ。とっとと。
普通とはなにか。きちがいとよばれたり、変態と呼ばれるようなこと。肩書き。いつから人は人を判断するようになったのか。
判断することは、驕りと感じる。すきじゃない。やってしまうけど。
逆に、自分にありとあらゆる判断、肩書きをつけるのもおもしろい。
その枠のなかでどこまで暴れられるか、踏み越える一歩手前。
そこであそぶ。

変化球バンドといわれたSOEについて。たしか河合君命ジャンルやったんやな。

自分のバンドに、ジャンルをつける。
NANO-CORE。
那野=己阿。
ぜんぜんよーわからんくて、いい感じ。

なにがどうゆう理屈でこんな事書いたのかは覚えていないが、He’s Study!はRenagedeSoundwaveやな。

破壊は自然である。
創造が、自身。
    もの。
” He’s Study! ”

ジャーマンロックとひなたくん。

昨日、ひなたくんちにいったt。なかなかいいところだ。
12時ごろあきらもくる。久しぶりにかなりに量の酒を食らう。
ジャーマンロックのなんとかゆーのがかなりよかった。
ジャケットは黒地に地下街の写真。その延びる通路の途中に黒人の女が飛んでいる。彼の言った言葉でよく覚えているのが、「ドイツは収縮けいだ。」(ニュアンス)だ。俺も大体のばあいそうだな。
今日は、ゼネラル・プロダクツにいった。クオークをちょっといらう。ちょっとのはずが、延々5時間ほど。やはりやらなければわからないことがある。まあそんなとこか。