父親としての立ち位置。

先日早めに帰ってくると、居候二匹がちょうど風呂に入るとこに出くわした。

で、べたべた近づいてくる飯くらいたちを「おばけでるぞ!」と脅して風呂に誘導してひととき、
しばらくするとどえらい笑い声が。

なんやまたちんちんプレイングかと思って、風呂あがってきた嫁に問うたところ、

おっきい方のゴクツブシが、「赤ちゃんおんなのこやったらええのにねー」とのたもうたとのこと。
嫁、なぜに?と問うと、いわく

先日早めに帰ってくると、居候二匹がちょうど風呂に入るとこに出くわした。

で、べたべた近づいてくる飯くらいたちを「おばけでるぞ!」と脅して風呂に誘導してひととき、
しばらくするとどえらい笑い声が。

なんやまたちんちんプレイングかと思って、風呂あがってきた嫁に問うたところ、

おっきい方のゴクツブシが、「赤ちゃんおんなのこやったらええのにねー」とのたもうたとのこと。
嫁、なぜに?と問うと、いわく
「おかあさんとあかちゃんで女の子二人でちょうどいいやん」
とのこと。

なかなかシンメトリーが好きな子だのうとは思うたが、にしてもそんな爆笑するほどのことかときくと、
嫁は「ほんなお父さんは?」とま、気になる質問をしたところ。

いわく 「ユッケといっしょ。」

つまり我が家では、

男性 長男 次男
女性 出現予定児
家畜 猫(玉eject済)

という構成であり、問題は猫と父ではどちらが優先されるかということであって、それによってどちらがより飯を食らう権利があるかがきまるのであって、これはゆゆしき問題なわけだ。

かようにして立ち位置というのは難しく、かつ繊細な問題ではあるが、
このよな状況では、父はもう頭数に数えなくても良いのではないかと思われる。

まあ、おもしろいよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です