最近なんとも

息子がむかつく。
だんだん憎たらしくなるでーとはいわれてたが、これほどとは
3.5歳がえらそうな口聞くんじゃねーと、叱るというより怒りまくり。
んで、すぐ落ち込んですぐ復活して、けろっとして、その上また繰り返すので

息子がむかつく。
だんだん憎たらしくなるでーとはいわれてたが、これほどとは。
3.5歳がえらそうな口聞くんじゃねーと、叱るというより怒りまくり。
んで、すぐ落ち込んですぐ復活して、けろっとして、その上また繰り返すので、
やはり先人たちのように、ビシビシいかなあかんなあと実感する次第。
寺小屋で正座漢文500回書き取りとか、子供は厳しくしつけなアカンなあとか思った。
ちゅうか、俺もこの時分はそんなんやったんやろうとか思うので、おかんにきいてみよ。
つーか、いまでもそうなんかもしれんなあ。
嫁に怒られるタイミングがどんなんか振り返ってみると。

「最近なんとも」への1件のフィードバック

  1. 土の中には土しかいない
    怒る手前が仏なのです
    嫁は仏ではない
    ただ
    われら、ようやく、われと会いしおり
    ぶっとばしきれんとこづらわれらにまかせ
    いつでも、道場の口、開らきたる
    同様の釘、喉首のほそえにしのびたる
    われ、本日、酩酊にて
    くそ、死ねばかしの港
    送る者なし、汽笛のみぞ鳴る
    偽り浮かばしかば、卒ざされた朋友の
    気持ちの浮き沈みそれこそ己が笹舟のごとし

    朋友死にせりしかば
    ただ男子のそしりはばりそしかれ
    新宿の米国まじりのファストフードにて
    ただ、わが息子立たず、経たずと
    世の末そのものの役にたたず
    四国の友、アケミの、鏡の役にも立たず
    ぼくたちはひかりのなかでちゃちゃちゃ
    の末裔がわれらなり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です