嫁へのラブレターもどきだが、名前まちがってる。

今日はほぼむりやりに栄えちゃんにあいを語った。最近いようにやせていて、やはり彼女生と死の間で困惑していた。語ったことは僕にとっては解毒作用 の意味がおおきいが、彼女にはかなりのショックになった。言えることは、自分のペースで考えてねだけだ。死を選ばないことを祈るか。少々の手荒さは必要 か?よりも、常に時期を見ろ。待つ。健太ローの言った、「言葉で人を殺せる。」このことだったか。確信。ちょっと心配。謝罪の言葉というのはなかなかでな いものだ。彼女のことが心を覆う。部屋を出て行くときの怯えた目が焼き付く。「あいつは気違いだ」と思ってくれたほうがましだが。 家についたころにはそうなってるだろう。でも、またそれはくるよ、さかえちゃん。自分が正面から対じしない限り。

愛している。
私はやさしくない。
許してみてくれ。
いつかわかるか。
もうわかってる。
バリエーションの違い。
ごめん。
いつ笑い顔みれるかな。
栄ちゃんでいてくれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です