参院選2013京都選挙区 山内成介氏とのやり取り

先の投稿「参院選2013に向けてのスタンス」でお伝えしたように、参院選京都選挙区候補者の方々におこなった質問に対しての
やり取りを掲載していきます。

山内成介氏とのやり取り

わしからの質問

京都市伏見区墨染に住む武村と申します。
本メッセージは参院選候補者の皆様に一斉配信させていただいています。

明日の投票を迎えるにあたり、私なりに考える今後の日本の方向性
に対して、どの方が実現・推進しうるのか計りがたくご連絡した次第です。
ついては以下の内容に関して議員として、または政治的に活動していく中で方向性が合致する部分、
しない部分などお考えのところをご享受いただければと思います。

“原子力発電即時廃止して
「我々の責務として」
施設と放射能廃棄物を人体影響がない時点まで完全隔離するマイルストーンをうち、国内外と連携して実現。
その負担は責務として「日本国民」が担う。
同時に原子力に変わる電力事業を推進。
これらの実現に伴い実現した技術発展を国外に展開する。”

また、ご回答いただいた内容はfacebookまたは私の運営するブログ上で公開させていただいて
よろしいでしょうか?

大変お忙しい中恐縮ですが、なにとぞよろしくお願いいたします。

山内氏からの返信

武村さん メールありがとうございます!こういうやり取りができるのがネット選挙のいいところ
だと思います。
私の原子力政策は脱原発です。まずは原発の自体に与える影響は勿論ですが、原発は本当に経済面でも
やすいのかが私の中で疑問におもうところです。2010年のエネルギー白書では原発5円~6円 火力7~8円
水力8円~13円です。

この数値は2004年総合資源エネルギー調査会電気事業分科会コスト検討小委員会が審議しまとめた報告書です。
しかしこの資料は電事連の作った資料です。そこが問題です。電力会社の作ったパンフレット「原子力コンセンサス」にも
まったく同じ数値が示されています。
そしてこの試算方式を調べてみるとめちゃめちゃな事が分かります。

こういった事をまず見直す事が大事。
後は原発のコストをもっと国民的観点で試算する必要があります

まずコストに増殖炉や核燃料サイクル技術にかかる政策コスト、そして電源3法に基づく交付金もコスト
の総体として捉えるべきです。
この体制を打破しないで再稼動はありえないです。

徹底的に試算を見直しそれでもコスト面、安全面を含めて稼動を決めるべきだと思います

それを受けてのわし返信。

山内様

早速のご返信、ありがとうございました。
山内様の脱原発とする原子力政策、理解いたしました。また、よろしければ核廃棄物に対する政策ございましたら、お考えの所を教えていただければと思います。
既に何処かで記載されているのでしたら、そちらをご提示頂けましたら拝見させていただきます。

それでは本日最後ですが選挙活動ご健闘くださいませ!

続いて山内氏から。

核廃棄物に関してはワンスルー方式にすべきだと思います核燃料サイクル方式は今すぐ
やめるべきです。
宇宙にも飛ばしたいところですが基本的には脱原発ですので、廃棄物はでないと思います。

というやり取り。2013/07/20 時点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です