参院選2013に向けてのスタンス

2013/07/21 更新 各候補からの返答内容などをリンクはっておきます。
参院選2013京都選挙区 山内成介氏とのやり取り
参院選2013京都選挙区 倉林明子氏とのやり取り

さて、参議院選挙に向けて、どの方に投票するのがええんかな?と考えることしばし。
候補者各位のスタンスみても、わしのスタンスがはっきりしとかんかったら選ぶもくそもないやんけと思い至り。

ということで、ボンヤリとしていた我がスタンスを一度言葉に落とし込んだ。
正しいか、間違っとるかではなく、
「わしは現時点でどう考えてるか」が大事で、様々な意見や考えにさらし、より良い考えに鍛え上げて行けばええんやないかと。
まずは考えてることが近しい方にやってもらえばええんちゃうかと。
原子力発電と改憲の話、この二つ。
裏返せばその二つぐらいしか考えられることがない。
それこそが今現時点で平和だなあ、それかわしの目が曇ってるなあと思いつつ
原子力発電所に対してのスタンスを決めた。

“原子力発電即時廃止して
「我々の責務として」
施設と放射能廃棄物を人体影響がない時点まで完全隔離するマイルストーンをうち、国内外と連携して実現。
その負担は責務として「日本国民」が担う。
同時に原子力に変わる電力事業を推進。
これらの実現に伴い実現した技術発展を国外に展開する。”

で、このあたりをどうお考えなのか、京都選挙区に出馬の皆さんに問い合わせてみた。

新藤 信夫
【自民党公認】西田昌司
【民主党公認】北神圭朗
【日本維新の会公認】山内成介
【みんなの党公認】木下陽子
【共産党公認】倉林明子
【幸福実現党公認】曽我周作

新藤さん以外はFacebookのアカウントお持ちのようだったので、ズボラさせていただいて以下のようなメールを皆さんに送信。

京都市伏見区墨染に住む武村と申します。
本メッセージは参院選候補者の皆様に一斉配信させていただいています。

明日の投票を迎えるにあたり、私なりに考える今後の日本の方向性
に対して、どの方が実現・推進しうるのか計りがたくご連絡した次第です。
ついては以下の内容に関して議員として、または政治的に活動していく中で方向性が合致する部分、
しない部分などお考えのところをご享受いただければと思います。

“原子力発電即時廃止して
「我々の責務として」
施設と放射能廃棄物を人体影響がない時点まで完全隔離するマイルストーンをうち、国内外と連携して実現。
その負担は責務として「日本国民」が担う。
同時に原子力に変わる電力事業を推進。
これらの実現に伴い実現した技術発展を国外に展開する。”

また、ご回答いただいた内容はfacebookまたは私の運営するブログ上で公開させていただいて
よろしいでしょうか?

大変お忙しい中恐縮ですが、なにとぞよろしくお願いいたします。

で、返信頂いた方ごとに転載していこかなと思います。

有権者として参加するって、ワシにとってはこうやって「あなたは何を考えていて、どう実行に移して行くのか」を聞き、ワシの考えと照らし合わせながらワシができうる方法使って行くことかなとおもてます。

どっとはらい。

「参院選2013に向けてのスタンス」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です