ゴールデンウィーク:富山地獄紀行:Day1

えー、ゴールデンウィークに富山にキャンプに行ってきた。
行きは鈍行で、帰りは特急で。
で、その模様をところどころメモとして残していたので、補足しつつ掲載してみようかと思い、メモを眺めたところ、文字が汚すぎて読めずガッカリ。

とりあえず起こしてみる。

060502 12:30からずらずら
至 近江八幡
どこの風景も変わらない。ベッドタウンと地方都市にもくそもない。田園地帯はぐっとくるものがあるが。

至 能登川
席を補助席から通常シートへ。
一気にいい感じ。旅情は座席で決まる。

富山にてゴールデンウィークを過ごす。

至 米原
この列車何号車と聞かれて「ヨッツ」を指し示した俺もなかなかだ。

至 田村
都市部にいると見失いがちだが、確実に地方都市は存在する。

至 長浜
ここで新快速は終わり、乗換えで敦賀方面に向かう。
いきなり風景はスーパーローカルに。10年どころか、もしかしたら俺が生まれる前から走っているかのようにみうけられる列車の2両編成で、ジジババの談笑がつづく。
この駅にはSLが展示された博物館のようなものがあり、いってみたい。

至 敦賀
もしかして北陸本線は快速とかないんか?
にしても、エライサムイ!風がキツイ!
ちゅうかやっぱり鈍行しかなく、福井に14:24着予定。
敦賀でて、嫁のお手製弁当をぱくつく。
車内、若者が多い。時期柄帰郷っぽいのもいるが、手ぶらの連中もいるので、地元民かも。

何を思うのか若者。

至 大土呂
山と田んぼと旧家がずっと続く。
旅情は電車に属するなあ。
地図あったほうが楽しいな。

至 加賀笠間
何かギャル多し。
多分金沢に遊びに行くのだろう。

至 松任
もうすぐ金沢、ベアーに会いたくなった。
旅の計画性って、このあたりに出るのだろうな。

至 野々市
学生が多くなってきた。
下校時間とかぶったようで、色白のきれいなねーちゃん多し。

至 金沢
金沢から出て、えらい一駅一駅の間隔が長い。
やっぱ車社会なんやろな。

至 石動
金沢からこっち、畑の率が多い。
金沢までは水田が多かったように思う。

至 高岡
高岡到着。仲ちんが仕事延長とのことで、ぶらぶらする。
天狗乃肉で、「テレビに出たコロッケ」とのことなので、食する。 天狗乃肉という肉屋。
天狗の親父。 うまい!コロッケは富山発の全国区フードらしい。
結局、仲が残業なので、仲嫁に氷見まで迎えに来てもらうことに。
高岡から氷見に向かう。
高校生の下校時刻と重なる。
女子高生のふとももが太い!眩しい!

至 仲家
ブリとたけのこの煮付け、鰯の酢漬け
ふきのとうのみそ
白飯
最高にうまい!

うまい飯。

その後、仲おとんとテレビ、なるほどザワールドに文句たれながらおとんはカフェオレ、
俺ビール。

–で、ここで旅メモ終わり。ここから記憶を頼りに適当に–

11時ごろ仲が帰宅、こたつにはいってみなでテレビ。
1時前ごろか、日向が到着。
そっからおもむろに飲み出し。
朝5時ごろ、日向ゲロる。
そしてDay2へと続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です