なかまに寄った

10年近く住んで初めて入ったおたふくに続き、この勢いならいけるとこれまでタイミングがなかった「なかま」に向かう。

店内まさに近隣住民オンリー感あふれる年季のはいった内観、マスターはガチっとした体格の野球焼けした角刈り兄ィ。

カウンターの端っこには2時間程前通ったときと同じ姿勢でテレビを眺める おっさん。

一通り食べたあとなんで軽くビールと2、3品を頼む事にする。

ざっとメニュー眺めて、いゃ〜リーズナブルやわ。とはいえ腹も満たされてるので軽いもんを。

つきだしはシーチキン、きゅうり、大根の酢の物。お手軽なオカンの一品感溢れるわ。

で、モロきゅう。

をを、もろみ味噌おばあの手作りか!しっかりと歯ごたえ残る大豆、これもうまいなぁ

でどて焼き、王道の味やわ。

大阪のどて焼きはみそベースの印象あるけど、京都のは大阪で言うところのホルモン的な味付けやなぁ。これはこれで好み。

どれも値段の割に多めなんで、二、三人で寄るのがええのやろな。

ガキども連れてくか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です