おたふくに寄った

藤森のおたふくに寄った

飯をすまそうと本町通りを走っており、思い立って藤森のおたふくへ。

京都に越して10年?になるけど一度も行ってなかったので。

入るとカウンターの奥にお客さん一人と女将さんとバイトらしきニーチャン。うちのオカンのような「もうこれにしとき」スタイルでグイグイ攻めてくる。

突き出しで出てきた味の南蛮漬けからして、旨い。

おすすめのハモとカツオのたたきを頼むと「これをちょびっとつけるのも美味しいねんで」と粗塩と手作りの柚子胡椒。またこの柚子胡椒が少量でもよう効いてええ感じ。

蓮根まんじゅうもゆりと小エビのぷりっとしたのんが練り込まれておって、濃いめのあじつけ。

「みなさん頼まはらへんねんけどな、これうちのおすすめやねん」とまで言われたら喰わざるをえない、花玉ねぎ。玉ねぎに濃い目の出汁と七味かけて熱を通した一品なのやけど、これ、旨いわ。なんでも名物がないことを不憫に思った祇園のママさんに伝授してもらったとのこと。

ようよう話したら隣のおっ様はお義父さんの友人だったりでローカル気分満喫しつつお会計して、

二軒目向かう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です