SSSNNNBBB:OnePatternedTunes

2019年にTeenageEngineering OP-Zを購入して「これこそわれが求めていた電子楽器!」とのめり込み、バババと作り倒した曲群。

音楽を売ること、というか人の創作物に金を払うのはいとわないのだが、自分の創作物に値段をつけることがこれまでピンときていなかった。
50歳を目前にして、売ってみようと思い立ったので売る。

SSSNNNBBB:OnePatternedTunes

DMT-006

presents

長男誕生日忘れており、今更ブツを仕入れる。好きだと言ってたマシュメロは大人気なのかCDが見つけらんのでベストヒットコンピでお茶を濁す。ほんでブルータルの雄world end manの1st。中身入れ替えて渡したったら、衝撃度もマシマシやろな。

ほんでベアーズ、ひみつキング

ほろ酔い加減でベアーズにイン。なんか長椅子でとる。

本日のラインナップははにゃうにゃバンド、赤ちゃん、昆虫王子、んでひみつキング。

おもろかったんは赤ちゃん時にメンバーのお子がのってるのと、オトン?のギターのジャップ感のギャップ。よろしいわぁ。

http://www.slavspeedo.com/wpcoredir/wp-content/uploads/2018/02/img_1796.mov

ほんで諸々バンドは生きるとは何かと考察させてもらったり、アホちゃうかと思わせてもらったり贅沢な時間。

で、現世から飛び立って有馬さんがメカアリマとしてアップデートされたひみつキング。

振る舞いのマッコリとんマイキムチに舌鼓うちながらそうこうするうちにピョンヤン仕様のメンバーが出てきよった。

演奏は有馬さんがマシーンと化したことで初めて何してるのかわかった、かれこれ20年ほどの付き合いやのにオモロ。

珍しくちゃんと物販しとるので物色してたらなんやファーストEPのサンクスにビッチブートレグの名前が。96年やでもう22年前やでホンマかいな!ありがたいので出してるの知らんかったアルバムとかとまとめて譲ってもらう。

さて、このページトップのマシーンはメカアリマさん、実体の残滓は大阪、一心寺におる。

BGMはこれ、letitdieプレイしとる時にゲームBGMとして流れてきてをっ!て思ったバンド、ベルトパンチ。アンディサマーズとスチュアートコープランドかと思うような導入からノーミンズノー的なリフに入り、j_popを舐めて宇宙に飛ばす稀有な曲。シブいわ。

snuff Not Listening EP

iTunes、spotifyで探してたけど見つからず。

当時梅田のディスクユニオンでこれとバッドブレインズのアイアゲンストアイ買った記憶。

聞きたくなったのでレコード棚漁るか。

https://www.discogs.com/ja/Snuff-Not-Listening/master/273126

SWANS the glowing man

SWANS 2016年のアルバム、アルバムタイトルにもなっとる曲。

マイケル・ギラに首根っこ掴まれて頭固定され、「俺を見ろ」と。はぁ〜恐ろしい!

ノイからボアダムスを串刺しにしてモーターヘッドを抜き去り、ヴァルハラに到る音楽。

https://itun.es/jp/gOvLbb?i=1100307003

めだまろん ザ・レジデンツの映画

ただひたすらに幻惑されるために金を落としにきた訳でパンフやらバッジやら無意味達の周りをぐるぐると回り続けるブツも入手して映像に臨むわけで。


で観終わって。

素晴らしい予定調和の無意味!

まさか得ることがあるとは思わなかった、
「目玉さえもレジデンツではない」なんて!

こいつぁヤラレタわ!

花電車のサイトがあったのか

ハードロックで最高なバンドはなに?ときかれれば即答でこの花電車と答える、すさまじいバンド。
神戸に住んでたガキんちょのときは花電車といえば神戸まつりやったけど。もうちょい大人になった今ではナニの花電車か。つーてもやっぱりこの花電車が最高。

何とはなしに調べてみたら花電車のサイトがあった。どうやら2015年にThe Golden Age Of Heavy Bloodのリマスター再発をしてた模様。
The Golden Age Of Heavy Blood

ほんでこの1stリリース前のライブ音源も出ていたようで。
LIVE AT NOWHERE 1987 - 1989

解散したという話を聞いてしばらく後、どこぞのイベントでDJとして参加していた平さんに恐る恐る、でもどうしても聞きたかったので「花電、またやらないんですか?」と質問したところ、「ん~~ないなぁ。」といただいた。

あぁやはりそうかと思う反面、なんとなくホッとした気分でもあった。

クリームソーダシティ完全版。震える一冊

連載中途で打ち切りになったクリームソーダシティが完全版として単行本化。
なんつうかビンビンくる一冊、トランスなパーソナルが全編ぶっぱなされてるところは自己の倫理観を張り紙にして自宅外壁にぶちまけるアウトサイダー哲学者と同じぐらいの威力で心に迫ってくる。

10代の時に出会ってたらあれだ、映画のIZOや根本画聖の未来精子ブラジルのように自意識を粉々に崩され、世界の見え方を根底から覆されそうな一冊。良著オブ良著

KORGこんなの作ってたのか littleBits Shyth Kit

Wiredの記事見とると、KORGのプロダクトデザイナー、坂巻匡彦のインタビューが。
http://wired.jp/series/wired-audi-innovation-award/36_tadahiko-sakamaki/

文面おっておると、KORGで電子工作キット?littleBits?

http://jp.littlebits.com/synth/

録音機LOVEのワシですが、これは手に入れてみよう。

神戸の中古レコード屋、ハンキーパンキーでジャケットに惹かれて買った一枚。

中学のときだったか、地元の中古レコード屋めぐりが全てだったときにジャケ買いした一枚。
アンセム的な一枚だろうけど、当時は知らずにすげーーかっけえジャケット!と持ち帰り、家に帰って針を落として衝撃を受けた。
全曲名曲、これMADMAX FuryRoadのバックにかかっててもバチはまりする現代とフロンティアの交差ロックや。

キャプテン・アンド・ミー

NoMeansNo来日しました!!

来日まで眠れぬ夜を現状の最新作all roads lead to ausfahrtでやりくりしつつ、
いってきました十三はファンダンゴ。09/03/27のことです。
いやー仕事で打ち合わせが長引き、途中からあんまりそわそわしないで状態だったので何を急いとるのか不審に思われたかもしれぬがとにかくチャリンコをダッシュで漕いで家に到着、
ひさびさになにを着ようかと迷うこともなくタンス明けた目の前にはYouKillMeのシャツがくちゃっとまるまっていたのでそでを通したところパッツンパッツン。

来日まで眠れぬ夜を現状の最新作all roads lead to ausfahrtでやりくりしつつ、
いってきました十三はファンダンゴ。09/03/27のことです。
いやー仕事で打ち合わせが長引き、途中からあんまりそわそわしないで状態だったので何を急いとるのか不審に思われたかもしれぬがとにかくチャリンコをダッシュで漕いで家に到着、
ひさびさになにを着ようかと迷うこともなくタンス明けた目の前にはYouKillMeのシャツがくちゃっとまるまっていたのでそでを通したところパッツンパッツン。

youkillme
しゃれっけ出してロンTに重ね着したらさらにパッツンパッツンでアメリカのアホウっぽくなったので十三へ。

到着してひさしぶりの夜の十三、姐さんやポン引き、やんごとないリーマンの跋扈する中
気持ははやりながらもええ年こいてこのスケベ通りを速足で歩くのもダサいので大人の余裕でファンダンゴ到着。

キャッシャーでドリンク代はらっとると、奥のカウンターからアキラ登場!なんか話したような気がするが、きもそぞろで全然覚えとらん。
ちょうどはじまったとこかどうなのかはわからぬ午後8時半、ステージには13年ぶり?の御大達が!あいかわらずのバキバキな音質とえげつないテクニックでしびれるパンクチューンをたたきだしておる!
客席見渡すと見知った顔がちらほら、とりいそぎビールを片手にステージへ。

いやーーーしかし、前回の来日、あのころも爺やったけども、今回もあいかわらず爺!

あ!みんなハゲかけ!

曲は新旧とりまぜつつというよりファーストから現在までフォローするラインナップでうれしいかぎり。
合唱したり、拳振り上げたり、上着脱いだり、便所行く途中で見かけたSHINのケツたたいたり、
あっちゅうまに時はすぎ、舞台を退いて便所方面に向かうNoMeansNoの兄貴たち。

楽屋に帰らないところがさすがシニカルでユーモアたっぷりな兄貴たちのやりそうなことで、
アンコールはじまると、ステージわきからHIDE氏乱入!

なんか前回も乱入してた気がするが、たぶん時間はあの時のままつながっているんだろう。
最後OhNoBlunoとかハンソンブラザーズやったりでさくっとかえっていったけど、それでも時間は10時を超えており、ほんまようやってくれたと感謝のしきり。

ファンダンゴバータイム始まる中、水色ブレインの銀河クンとおれのほうがNoMeansNo好きじゃいとドングリの背比べしたり、クリトリックリスのスギムに嫁はん紹介してもろたり、シンとシャツほしーなー、金ないなーとだべったり、カウンターに陣取ってたアキラとたらたら話したりしながら、チケット代としてこずかい前借りしているぐらいなのでそそくさと自宅を目指す。

みなとバイバイして一人単三電池で稼働するMP3プレーヤーに入れたNoMeansNoをながしながら駅に向かうと、なんだかなんだかとっても切なくなってきた。
なんだろう、なんで気分が沈んでるんだろうと思いながら電車に乗り、本町で降りて地上に出ると、なんだか泣きたい気分。

そこではたと気づいた。これ本気で感謝してたときの気分といっしょや!
そうや!JohnnyCash聞いてボロボロ泣いた時の気分といっしょや!

人生の黄昏を垣間見た時の心持という、なんだかポツネンとしたこの感覚をかみしめながら自宅に到着。
どやった?と嫁に問われるも、なんとも答えられる気分でもなく、
雑炊あるでといわれたので頂くと、なんだかスッキリした。

なんや!腹減ってただけか!俺!

といった一日であった。

抽象を抽象化して笑い飛ばしてン十年、NoMeansNoははにかみながら永遠の中二で
ありつづけることだろうし、Icon化からすりぬけて、対峙するわしらをおちょくりつづけていくのやろう。

動画はおそらく1980年前後のデュオの時の映像。
ということはもう30年弱はやっとるのやな。ストイックでありつつ、カナダ無神論なイキフンがたっぷり。

NoMeansNoの諸先輩方はわしにとってヒーローであるのは当然として、
これからは人として目指していきたいと感じておる次第。

いや、いつかはきっと同じステージに立ちたい!

NOMEANSNO 来日ですよおおお!!!

NOMEANSNO Japan tour 2009!!!!
NOMEANSNO Japan tour 2009!!!!

Nomeansno
Attribution-NonCommercial-ShareAlike License by smileykt

SHINからうれしいタレこみ。

NOMEANSNO Japan tour 2009!!!!!!!!!!!!

これいきますよ!前回?前々回?ぶっつけ4時間強のライブ!
ハンソンブラザーズ楽しかった!!!!

というか、ほんまつい先日2006年に出てたアルバム、

All Roads Lead to Ausfahrt
を買ったばかりで、いきなりのwakeUP!!!!!!でプチ喜び中であったのだ。

これはいきますよ、ホンマ!!

「contrarede presents NOMEANSNO Japan tour 2009!!」

3/23 (mon) Shibuya, club QUATTRO (03-3477-8750)
w/special secret guest/ and more…..
open 18:00 / start 19:00 adv 5,500 / door6,000
PIA(P: 314-378), LAWSON(L: 72158)

3/24(tue) Nagoya, APOLLO THEATER (052-261-5308)
w/Nohshintoh / nisennenmondai
open 19:30 / start 20:00 adv 5,500 / door6,000
PIA(P: 314-408), LAWSON(L: 43120)

3/26(thu) Kyoto, UrBANGUILD (075-212-1125)
w/ULTRA BIDE/ and more…..
open 18:00 / start 19:00 adv 5,500 /door 6,000
PIA(P: 314-609), LAWSON(L: 58310)

3/27(fri) Osaka, FANDANGO (06-6308-1621)
w/TBA…….
open 18:00 / start 19:00 adv 5,500 / 6,000 (without drink)
PIA(P: 314-783), LAWSON(L: 58490)

企画制作 contrarede
問い合わせ contrarede : 03-6408-1593 / epistula@contrarede.com

ちなみに、johnがflickerやってて、こちら。
http://www.flickr.com/photos/ssmt/

Justin 御大のプロジェクトKRACKHEADから、デジタル再発!

ぼーっとRSSながめておると、ジャスティン御大のアバランチレコーディングからあたらしいのんがでたようで!

その名もKRACKHEAD、を、新しいプロジェクトかと思いきや、

First up is KRACKHEAD‘From Hell’. ‘From Hell’ compiles every track produced from this JKB (as the pseudonym JK Flesh) project, recorded between 1997 and 1999

とのことなんで、過去のプロジェクトからのリマスターの模様。
それでも、聞いたことないし、これは買ってみな!

Justin K Broadrick: Avalanche Recs new Digital Download only releases.

新年会のお知らせ

来る1/9金はわしベースで参加のシレトコがベアーズで新年会!です。

前売り1800、当日2000とリーズナブルな価格で、エロいジ酒とうまいアテを

ご相伴あれ!
ついでにバンドもみたってやー
対バンはひみつキング大兄や、あいこさんとようこさん、TV JACK 1000、わしらシレトコwith 地獄変とたもんしん。

当然二次会はえべっさん!!!!!!!

ようこそ2009!

もっと地酒をのまナイト

来る1/9金はわしベースで参加のシレトコがベアーズで新年会!です。

前売り1800、当日2000とリーズナブルな価格で、エロいジ酒とうまいアテを

ご相伴あれ!
ついでにバンドもみたってやー
対バンはひみつキング大兄や、あいこさんとようこさん、TV JACK 1000、わしらシレトコwith 地獄変とたもんしん。

当然二次会はえべっさん!!!!!!!

ようこそ2009!

シレトコライブと尿路結石とPipe69。

先週末はわしがベースで参加のsiletocoがベアーズでライブ。
500円ポッキリで日本酒・焼き鳥とかあてを飲み放題食い放題と大盤振る舞いで、
終わってきよっさん、シレトコメンツ、黒瀬さん、地獄変、桃色神社、UMLAUTテツっちゃんと王将で飲み。
飲んでくって、家にかえって寝てこましておると激痛がはしる!脇腹あたりからあの耐え難い痛みがひさしぶりにおこり、
ああ、また結石がおりてきてんのやなと困ることしきり。
とりあえず排出するため、水・茶をがぶのみしてその場でジャンプとか踏み台昇降とか、もも上げをしてとにかく体に動き与えて
降りてくるのを待つこと1時間、ようやくポロッとでてきたのやけど、まだ痛みはとれない。

これはもしかして、2つ目があるのか?とまた2時間ほど暴れたり、痛みにしゃがみ込んだり。
そのうち痛みが動き出し、ポコチンの奥の方に移動!
出したとき「うぐっ!」とうめき声だすぐらいの激痛がはしり、ようやく出てきたこいつは2mmほどのぽっちり。尿ストーン urinary calculosis

ほぅっとひといき、健康に感謝する一瞬。

で、夜からはpipe69にてのイベントを見に。

2008.10.25(Sat) searchanddestroy@pipe69

でとるのはデグルチーニ、one-minutes、スーパーヘイズ、1星狂、morgue side cinemaなどなど。
ざxこxばボーカルイノリとスーパー玉出前で待ち合わせてスイッチ入れつつ、pipe69へゴー。
アメ村はなんだか仮装ちゃんがてんこもりで、お持ち帰りちゅーか、拉致られるでてな具合のプリプリジューシー
ちゃんでいっぱい。pipe69にいってみると、強烈な人のイリ。
one-minutesでほたえ、ライブ間のchaosUKで叫び、1星狂でステッピン。
会社のスケーター同僚と出くわしたり、岡崎にボードもらう約束したりしつつ、気がつけば午前5時。
また玉手前であたらしい企みのネタあたためつつ家路に帰りついた次第。

バクト大阪2008

さて、不肖私は某ざxこxばというバンドでベース弾いておりますが、先日バクト大阪というイベントに出演しました。

イベントには6日の朝より現地に入り、祭りの空気を存分に味わってきましたんですな。

以下から、スライドショーできるとうれしいなあとか。

さて、不肖私は某ざxこxばというバンドでベース弾いておりますが、先日バクト大阪というイベントに出演しました。

イベントには6日の朝より現地に入り、祭りの空気を存分に味わってきましたんですな。

以下から、スライドショーできるとうれしいなあとか。

[imgset:72157607206664480,small,true]

アルケミー・サマーソニック08

いってきましたフリマから。フリマには豊人も連れて行き、DODDoDoブースのステッカーを物色。

バスタブシッターのステッカーを発掘したので購入。豊人はキラキラにこちゃんシール。

アルケミー・サマーソニック08

で本命の週末HANADEN処理場。

かっけえがった!