AWS S3をネットワークドライブ扱いにしたいので覚書

AWSアカウント作ったらこれだけはやっとけ!IAMユーザーとAuthyを使ったMFAで2段階認証
http://qiita.com/yoshidashingo/items/cd206daca0596659b440

Mac OS X Yosemiteでyas3fsを使ってS3をマウントする
http://qiita.com/mmizutani/items/69687c88386e7eb12bb7

AWS S3 のバケットに独自ドメインを割り当てて、静的ファイルをホスティング
http://gatespace.jp/2013/03/05/aws-s3-static-site/

WordPressの画像ファイルをS3に保存する(メディア機能連携)
http://tech-blog.tsukaby.com/archives/972
https://dogmap.jp/2013/03/01/nephila-clavata/

concrete5からアップロード
http://dev.classmethod.jp/etc/concrete5-addon-storage-for-amazon-s3/

AWSの課金が始まった。

無料試用期間一年経って、Amazon Web Servicesの課金がスタート。
で、トータル52ドルと15セント。
現在の契約はEC2、RDSともにmicroInstance。
5ドメインを運用している。

以下内訳。

AWS Service Charges $52.15
Data Transfer $0.34
Elastic Compute Cloud $20.65
RDS Service $24.97
Route 53 $2.53
Simple Notification Service $0.00
Simple Storage Service $0.01
CT to be collected $3.65
GST to be collected $0.00
US Sales Tax to be collected $0.00
VAT to be collected $0.00

正直やすいか高いか良うわからんね。

Just another WordPress site