お好み焼き屋 だるま で焼きそばを喰らう

行ったことなかったなと思い近所のお好み焼き屋、だるまに。

基本姿勢として粉もんは家で作るもんだってのがあるので外でお好み焼きや焼きそば、ラーメンは食べなかったのやけど、ここ10〜15年、そんなポリシーも崩れ落ちており。

夕立さけながら入ってみるとしたたかに酔ったオジンとバーさまが焼きそば突くそばでテレビ眺めるおかみさんひとり。

とりあえず焼きそば定食を頼み、待つことしばし。

おかみさん、空いたテーブルの鉄板で焼きそばを炒め出し。オジンは安倍がハンニャらハンニャら酔いに任せて吠えており、時折りおかみさんになんか同意を求めるが滑舌悪すぎて何言ってるかわからん。

といったステキな昭和情景の中いただく焼きそばはしっかりとしたコシの太麺、別段旨いわけでもなく日常の一コマ感に溢れた良き休日を感じるひとときやった。

 

今月の麺心 よし田は豚骨ラーメンじゃった。

近所のラーメン屋、麺心よし田では月替わりで限定ラーメンつうのをやっており、先月は魚介豚骨なる一品やったが、今月はシンプルに豚骨ラーメン。

これがまたトロットロでコラーゲン的なあれこれなスープ、だけどもベースが塩なのでアッサリとした旨味。

んーんまい!

 

 

向日市の中華料理店 ほぁんほぁんに行ってきた

先日「ここの皿うどん、美味いで」と聞いたので晩飯がてら向かってみたところ、近所の方々で賑わう、年季の入った中華料理店やった。

そういや地元神戸でも、たまのごご馳走で中華料理屋連れてってもらったなぁとか思い出したり。

先日「ここの皿うどん、美味いで」と聞いたので晩飯がてら向かってみたところ、近所の方々で賑わう、年季の入った中華料理店やった。

そういや地元神戸でも、たまのごご馳走で中華料理屋連れてってもらったなぁとか思い出したり。

内装は高級志向じゃなく、完全庶民派、がしかし、お品書きになってるのはなかなか品のあるメニューばかり。これはたまのご馳走や、孫達と共に家族で飯食うとことして使われてるのやなと思い馳せたり。

 

初めて入る中華屋は焼き飯頼むのやけど、ここは抜群のパラパラ加減。結構あっさり目の味付け。

ほんで名物の皿うどん。「京の皿うどん」つうのがオススメとのことで食った。
薄味かと思わせて、塩ダレベースのガツンと深みのある味わいがきよる。うどんは軽く炙ってて、ちょっとオコゲ感も味わえる。

徐々に三世代家族連れで埋まってきて、ワイワイガヤガヤとほんわかな空気で満たされる店内、これは通いたいなぁ。もちっと近ければなぁ。

藤森駅近くの茶猫食堂にふらり

京阪にゆられておるうちに藤森駅線路横に気になる箱があったことを思い出しふらり。

茶猫食堂

立ち飲みプライスキャッシュオンデリバリー、ママさんには萬田久子スタイルで80sがかかっておりますぞ!

 

あかん、通うわこれは

近所に 麺心 よし田 ができた。

ごく近所にラーメン屋ができたので昼飯に。
和え麺なるメニューがメインのようで、まぜまぜして食らうとのこと。
フランスパンとか納豆とか、鳥ささみかなんかのソボロのようなんとか色々具が乗っておった。
カウンターにニンニクを漬けた酢があり、これかけて食うのも美味であった。

麺心よし田 和えの章 つうのが店名らしい。

イヤー楽しんだ東京行き。

東京いってあちこち世話になってきましたわ。キルアダやタイジュありがとさんでした。
ほんでもって今回はひたすら飲み食い、いや飲み物と食い物に襲われ続けた日々でした。
なんといっても今回の目玉は、プライベートでは銀座と上野の万年筆聖地巡礼、公式行事ではキルアダ一家への謁見式。
おやじさんの素敵語録にはあてられっぱなしで昼前から日本酒たくさん空けてしまいました。

やんごとなき事情にて6/20午前から東京入り。
そういえば700系がでてるんだわ思っておると、それらしき新幹線がおったのでパチリ。

東京ご訪問
で、ゆられて一路東京は市ヶ谷へ。

さて、気合い入れにと昼飯場を探しておったところ、庶民風味の中華料理屋があったので、どんなもんかと寄ってみることに。
定番と思われる餃子定食をたのんでみると、なんとびっくりぎょうざとごはんとスープだけ。

東京ご訪問
つーかぎょうざが阿呆のようにでかく、それでいて具材は餃子の王将と大差なく、ジャンク感あふるる潔さにすこしうっとり。
くろうてる最中ににんにくヤバッとかおもたが、後の祭りなのでよしとした。で、予定の時間にはまだ間があったので、
喫茶店に向かったつもりがマクドナルドにはいっており、なんだかダブルチーズバーガーセットを頼んでおった。ストレス?いや、開放感ですか。

で、やんごとなきお勤めはものの一時間で済み、そのままタイジュらと飲みに向かう。
が、まだ店は準備中でおったのだが、無理言って用意いただいた。
で、おすすめはとの質問に、「あー、まーサラダかねーイワシのフライのってるやつ」といったようななんだか気のない返答をしくさるおっさんに、「わしは昼の部だけの労働なんだよ、はやく帰らせろっつーの!」といったような時間外労働者の悲哀というものを感じつつ、運ばれてきたイワシフライサラダは非常においしいかった。
その他もろもろ、ビールをしこたましこんで、本日の飯場、五反田キルアダ合宿所へと向かう。
合宿所は思いのほか広く、そんでもって飾られているおもちゃやグッズが永遠のボンクラ加減をかもしだし、まったくもってダラダラできるよろしい場所。やってくるごろーちゃん待ちでとりあえずまたビールと土産にもってきた煌きの島を頂きつつ、万年筆の普及のため、いろいろとレクチャー。
そうこうしているうちにごろーちゃん五反田着とのことで、キルアダご推薦の韓国料理屋へ。その時点で日付はかわっておった。東京の夜は遅いのだなあ。
んで、激辛なべと肉と野菜のトウガラシ炒めやら、ひたすら辛いもんを注文し、そのうえ超辛スパイスを注文。店員は「食えるの?」と怪訝そうな顔をしておったが、その読みは当たり、耳かき10分の一程度をなめただけで、痛い!!
そそくさと乳酸系中和剤(マッコリ)を注文し、続くバトルへの態勢を整えたのでした。

東京訪問戦うための準備を行う若き戦士たち。ちなみにこちらに向けているプレートが最辛兵器。あ、だじゃれゆーてもた!
で、本来G8に向けた日本人論を戦わす予定であったが、急きょ予定を変更し、「兄弟 ~兄の想い~」と題してごろーちゃんによる兄とは何を思い、何をなすのかという非常に高尚かつ普遍的なスピーチをありがたく拝聴した。
内容はなかなかに興味深く、示唆に富み、今後人の親、とくに男子二人以上の兄弟を迎える親にとっては非常に参考になる部分がままあり、いやー兄弟って本当にいいもんですねーと思った次第。しかしながら、食したカライモンにはちと負けてしまったようで、どうやらオツムのスコビル度上昇とひきかえに脳みその具を利用してしまい、どうにも「ゆかいなおともだち」化してしまいました。

完食してすこぴる度の上昇と引き換えにおつむを低下あそばれた御仁。戦い終わっておつむが「とてもたのしく」なったおともだち二名。


で、合宿所に戻り即寝。起きたらよだれがまくらにしみこんでおったがこれは内緒。
ほんで明けて21日はキルアダ両親が東京来襲とのことなのでその臨場感をまじかで味わうために無理やり同行し、
築地へ向かう。ふらふらあるいとるとあらまたけし招き猫が。キルアダによるとなんでもテリー伊藤氏の実家とのことで、

東京ご訪問

えらい並んでおる。しかし噴飯モノなのは、隣の魚屋をふさぐような形となって列をなしておる民間人。営業妨害をしておることをわからぬその庶民ならぬ愚民加減には同じ日本人として本当にもう情けないたらありゃしない。あぁ、日本人ではないかもしれんのか。それならば入国拒否を!
で、キルアダ両親と邂逅。噂にたがわぬのん兵衛っぷり。昼前から日本酒を4合程空け、

東京ご訪問お父様の便秘と年金と目薬の差し方についての説法をありがたく拝聴させていただいた。奥方と娘、二人ホステスに囲まれご満悦なお父様にいとまを告げ、

一路銀座へ。目的は万年筆および文房具の聖地回り。
このあたりはこちらにのせることにしま。
http://www.stationeries.org

で、つづきの待ち合わせ場所、上野に向かう。上野と言えばアメ横、なら万年筆屋もあるわな!とふらふらしておると、高架下の商店街にてダイヤストアなる店舗を発見。眺めておると、衝撃的な値段でわしをいざなうlamy2000の4色ペン。旅の財布は緩みがち、気がつくとファーストキッチンにてカレードッグをほおばりながらLifeのB6メモパッドに4色交互になぐりがきをしておった。落書きしておるとタイジュから「どこにおるんですか?」と連絡が入り、あわてて待ち合わせ場所に向かい、合流した大橋君とともにまた飲みに。で、だらだらと時間がすぎて、タイジュ亭にお世話になりに。ついたところまだ幼子レナちゃんも起きており、元気グンバツなのだがいかんせんおっさんは昨日の辛い飯でケツがやられたのと、先週から続く呑みでの疲労に当たったか、そそくさと寝どこいり。

起きると番犬ラックスのくそが足もとにひりだされており、至上の愛はいつなんどきでも身に降り注いでいることを実感。

東京ご訪問
で、朝飯と、というかもう昼間だったので昼飯としてカレーを頂き、タイジュの長女に対するできあいっぷりをしばらく堪能したあと、新大阪へと向かう。寝てたら新大阪だったので、小耳にはさんだマンティコアのバーベキューに向かったところ、電話口ではえらく元気だったリシュウはつぶれており、

マンティコアバーベキューあー、あれは寝起きのカラ元気だったのかとなっとく。レントがあったので数杯頂き、
ようやっと自宅へ。
着いてつかのまシレトコ練習なのでパズルへむかって楽器弾いて帰ってきて今に至るの朝の2時。

いやーーーーよーーー食った食った。

ひたすら飲み食いの一週間、そして東京滞在。だが明日からも切れ目なしの飲み食いがはじまるのであった。

今回お世話になったキルアダとそのご両親、タイジュ一家には深く感謝する次第。

あー楽しかった。

つーことで、明けて火曜にSiletocoのライブがベアーズにて。

兄貴

金曜にお世話になってるレコード店店主と飲みに。
んで、やまのように説教をくらって、不覚にも私ビービー泣いてしまいましたw

泣くのは親御さんか大事な人間なくしたときだけや!オトコは人前で泣くな!

発言しりめにいやーありがてえと感謝とかふがいなさ織り交ぜて
反撃しつつ、朝の4時まで。

かえって寝ておきたら28時間たってて、嫁もおこってたので、店主にしかられた話したら
許してくれました。
やった!

しかし、エー兄貴やった。しかられるって、そうそうないからなー。

マイリトルヒッツ

この前の「ためしてガッテン」の再放送でなれれてたさめてもうまい出し巻きの作り方に挑戦。
内容は、卵3個に、4倍濃縮だしを適量。
ちゃっちゃときるようにまぜて、適当に白味がういてるぐらいで、出しいれて強火であぶったフライパンに、ざばっと。
で、中火で焼きながら、たまごをたしていく。
さめてもうまい!

ただ、作り方は完全に自己流。

んなこんなでタバコ代と、食費がういてきており、書籍にガンガンつぎ込み中。
ここしばらくの購入は、以下のような按配。

魔人竜生誕
[amazon]4789301508[/amazon]

戦闘全部俺勝ちタイプの方は、本書での楽しみが激減するでしょう。
つーても、戦ってみてください。

COLLECTABLE TECHNOLOGY

[amazon]4925112554[/amazon]

ギョギョ!3000冊限定?
なんだ初版のみ3000部発行という意味か。コレで様子見て売れれば増刷ですか。
にしても、内容は英国のガジェットコレクターからの視点からつづられた、「これかっとけ」集。
実売価格データもあり、参考になったりならなかったり。
なにより、パーソナルコンピューターの種類が豊富だし、画像も大きめで、ちょっと欲しくなること請け合い。

1円も儲からずにTシャツを作る方法―オンラインTシャツショップGbMの伝説

[amazon]4947752564[/amazon]


アラタな生活指南書。非常にゆるくて、かつ素敵な日常が送られている5番街の奇跡。

small planet naoki honjo
[amazon]4898151728[/amazon]

100聞は一見にしかず。この写真集は、目を通すべき。
気持ちよすぎて、脳がしびれます。

ハードコア無農薬ライフ。vol.2:通天閣で邂逅。

某Mixiで前日に気の置けない友人達に誘いをかけたりした食料品流通業のディスチャージ、オルターが主催?しているとおもわれるわいわいミーティング番外編、その名も「通天閣で知るほんまもん」イベントにいってまいりました。

イベントフライヤー天王寺

 で、 どないだったかとゆーとこれがえらい盛況でした。3階のフロアーが人で埋め尽くされ、利き酒もでてるためか、えらい熱気。
えらい熱気

 入り口で抽選があり、わしはしいたけ試食、嫁は似顔絵の権利ゲット。
さっそくしいたけブースをさがしてくらってみるとこれがまたうまい。
甘いくてほどよい歯ごたえ。しいたけ。その昔、あんなふにゃふにゃしたしいたけなんざ人様の食うもんじゃねえとおもっておりましたが、山に入ってしいたけとってレモンと塩まぶしてあぶってくったらあまりのうまさに山の人に謝ったという経験がフラッシュバックしました。

今回はいろんなブースが出展しており、本気で無農薬のナッツやら、クッキーやらケーキやらコーヒーやら、
昼飯代うかすでーと期待していたわしとしては少々残念でしたが、ほかにも靴、整体、子供といっしょに大工、シュタイナー系情操おもちゃ、ベッド、漫談、和太鼓の連打で暑い会場にさらに老若男女の体液が飛び散るといったありさまだったかもしれません。

で、わし目的はひとつ、オルター代表のディスっぷりを生まで見ること。
それでは ご相伴くださいませ。

残念ながら今回は時間もなく、ジョンライドンもびっくりな強力なアイロニーとブラックユーモアはあまり飛び出すことはなく、
そのかわりに壮絶な腸内のガン化した映像などを堪能した。あまり堪能したくなるものではなかったけども。

そのころから寝くさっていた息子がおきだし、ぐずりだしたので早々に退散。
最後に通天閣との記念撮影をおこなって天王寺をあとにした。

逆メロイックサインをかかげる息子とわしと通天閣とカップル。 逆メロイックサインとわしと通天閣とカップル。

ハードコア無農薬ライフ。

鬼息子の豊人がアトピー全開なので、食料品変えなということで、あちこち調べたところ、富田林にて運営している「オルター」というのがあった。ここ、いっぱつで気に入ったのやけど、
なにがええかというと、代表のその姿勢。
ものすごいアンチっぷり。
…なんか食べてたらすぐ死にますよとか、
・協なんかだめですよとか非常にハードコアかつ
「死ぬ」「殺す」「殺人」といったキーワード満載のビデオが
2時間、これを見ないと入会できないというアグレッシブぶり。途中で無頭蓋症やら奇形をバンバンスライドで映し出し、ときおり映るセミナー参加者の落ちっぷりもすばらしい。
現在は、30分ほどの非常にソフトなPVを見れば入会できるとのことで、事業拡大のためとはいえ、非常に惜しい。
で、実際に入会し、その食い物が届いたのやけど、

これがまた…

野菜ってこんなに味が濃いのかってな具合だ。
第二次大戦前までの食生活なんて、味気ないもんだろなとか思っておったが、
こんなに味が濃いのであれば、ぜんぜん問題なく鮮やかな味覚味わってやろな、といった感じ。
土壌に左右されるところが大きいので、もしかしたら現在のオルター扱い無農薬野菜連中がリッチな
土壌で育てられているのかも知れんけど、それでもこのジャンクフード礼賛の俺が少量のおかず・飯で
満足できるほど、うまい。というか、マクドいって食っても、その味のなさ加減に己の舌が肥えたことを
後悔するぐらい。それでも食うけど。それでも暴君ハバネロはうまい。
件のビデオはなんとか再度入手してデジタイズして公開したいほど。そのときまでお楽しみに。

なんだっけ?喜志の駅前の飲み屋。チャンジャがうまかった。

いま、近くの飲み屋で友人達と酒を飲んで帰ってきたところ。 なにかわびしい。この切なさはなんだろう。 書いちまったらなくなった。でも当然のごとくまた訪れるだろう。 なにか見失ってる、遠ざかる、そんな感じがする。 自分を騙してる。 どうするよ、なにを? 明日になれば忘れてしまう。 でも、つぎのターム。 内側へ。