snuff Not Listening EP

iTunes、spotifyで探してたけど見つからず。

当時梅田のディスクユニオンでこれとバッドブレインズのアイアゲンストアイ買った記憶。

聞きたくなったのでレコード棚漁るか。

https://www.discogs.com/ja/Snuff-Not-Listening/master/273126

エレファントカシマシ シングル 風と共に

前回のアルバム、今の日本産音楽を取り込んで昇華してる凄味。
サザンオールスターズから始まり今に至る巻き舌歌唱を取り込みつつ、がしかし歌の先に見えるのはほかの誰でもない宮本浩次その人。
面前に広がるモノをどん欲に取り込むその姿はまさに日本音楽界の手塚治虫だわ。

この7月末に出したシングル、A面の曲「風と共に」がみんなのうたに提供するためにできたとのことだけど、
これがまた80年代歌謡曲のメロディライン、だがしかし唯一無比をドンっと掲げてくる。

本当にすごい人やわ。

SWANS the glowing man

SWANS 2016年のアルバム、アルバムタイトルにもなっとる曲。

マイケル・ギラに首根っこ掴まれて頭固定され、「俺を見ろ」と。はぁ〜恐ろしい!

ノイからボアダムスを串刺しにしてモーターヘッドを抜き去り、ヴァルハラに到る音楽。

https://itun.es/jp/gOvLbb?i=1100307003

めだまろん ザ・レジデンツの映画

ただひたすらに幻惑されるために金を落としにきた訳でパンフやらバッジやら無意味達の周りをぐるぐると回り続けるブツも入手して映像に臨むわけで。


で観終わって。

素晴らしい予定調和の無意味!

まさか得ることがあるとは思わなかった、
「目玉さえもレジデンツではない」なんて!

こいつぁヤラレタわ!

藤森駅近くの茶猫食堂にふらり

京阪にゆられておるうちに藤森駅線路横に気になる箱があったことを思い出しふらり。

茶猫食堂

立ち飲みプライスキャッシュオンデリバリー、ママさんには萬田久子スタイルで80sがかかっておりますぞ!

 

あかん、通うわこれは

クリームソーダシティ完全版。震える一冊

連載中途で打ち切りになったクリームソーダシティが完全版として単行本化。
なんつうかビンビンくる一冊、トランスなパーソナルが全編ぶっぱなされてるところは自己の倫理観を張り紙にして自宅外壁にぶちまけるアウトサイダー哲学者と同じぐらいの威力で心に迫ってくる。

10代の時に出会ってたらあれだ、映画のIZOや根本画聖の未来精子ブラジルのように自意識を粉々に崩され、世界の見え方を根底から覆されそうな一冊。良著オブ良著

Stemsフォーマット

Stemsフォーマットってゆうのを聞いた。

1ファイル上でマルチトラック化されてるとかなんかな。

Ableton Liveでもできるようなので試してみよう。

landrのマスタリングサービスでも対応したとのこと。
LANDRがライブパフォーマンスにおける最も革新的なフォーマットに対応!

KORGこんなの作ってたのか littleBits Shyth Kit

Wiredの記事見とると、KORGのプロダクトデザイナー、坂巻匡彦のインタビューが。
http://wired.jp/series/wired-audi-innovation-award/36_tadahiko-sakamaki/

文面おっておると、KORGで電子工作キット?littleBits?

http://jp.littlebits.com/synth/

録音機LOVEのワシですが、これは手に入れてみよう。

日向正親による Zero Set解説

盟友日向正親から95年ぐらいにもらったミックステープの解説がスコブルセクシィなので、許可を得て掲載。その第3回。

Zero Set
グルグルの解説にもある、ちょっと異常なロック・ミュージック。タケが初めて「ひなてぃーの持ってるやつで初めてキた!」といわしめた一枚。噂には聴いていたが、これくらいすごいのは久しぶりに聴いた。ドイツ恐るべし。といってももう10年以上前の音源なんだけどね。メビウスというのは、ドイツ電子音楽の中でも特にオカシなクラスターのおじさん。もう60過ぎ。だけどやってることは全然変わってない。音が好きでたまらない、シンセの使い方は知ってるけれど、曲を演奏した試しがないひと。プランクは、当時のドイツで一番人気のあったミキサー&エンジニア。彼の作品は、エイドリアン・シャーウッドなどにも影響を与えている。で、最後にドタバタ叩きまくってるのがマニおじさん。いい仕事してます。
日向正親WEBサイト

日向正親 Damo’s Network解説

盟友日向正親から95年ぐらいにもらったミックステープの解説がスコブルセクシィなので、許可を得て掲載。その第2回。

Damo’s Network

CANのダモ鈴木、ミヒャエル・カローリ、グルグルのマニ・ノイマイヤーなどが集まって作られたセッション・グループ。要はダモ鈴木の日本凱旋公演用のメンバである。数年来のファンである自分の声が随所に入っている。いい記念だ。この時マニ・ノイマイヤー、御年60歳。このドラミングは驚異だ。97年東京二日目。会場に来たお客さんにだけ、その日の模様を後々無料配布した非売品。なお、ライナーに「この三回のコンサートで一番印象に残った言葉。東京の二度目のコンサートで“ダモさん 長生きしてくれよ~”とある若者の云った言葉。涙が出る程うれしかった」の若者、実はわし。それ以後、彼とはマブダチ(笑)。

日向正親WEBサイト

http://atemzeit.fem.jp/

日向正親 ハードロック解説

盟友日向正親から95年ぐらいにもらったミックステープの解説がスコブルセクシィなので、許可を得て掲載。その第一回。
花電車 2nd
2枚組。アルケミーから発売された作品の中でもっとも再プレス希望が多い作品でもある。明日のことはわからないが、わからないこともまた幸せだった時期にリリースされた。前回送った花電車とは雰囲気が全然違うのだけれど、どっちが好みだろうか。わしはどっちも好きだ。ハードロック時代になにもかも知ってしまっただけ。なお、三曲目からのソーシングとなったが、これはいろんな所に持っていって聴いていた罰。CDにヒビが入り、1、2曲目が聴けないから。
2枚組。アルケミーから発売された作品の中でもっとも再プレス希望が多い作品でもある。明日のことはわからないが、わからないこともまた幸せだった時期にリリースされた。前回送った花電車とは雰囲気が全然違うのだけれど、どっちが好みだろうか。わしはどっちも好きだ。ハードロック時代になにもかも知ってしまっただけ。なお、三曲目からのソーシングとなったが、これはいろんな所に持っていって聴いていた罰。CDにヒビが入り、1、2曲目が聴けないから。

マリア観音
現在、日本で最も非商業的なバンド。ベースの自殺などを乗り越えて、現在は杉並の公民館を毎月借り切ってステージに立つ。花電車とのハード対決で完全勝利し、おれから云わせると花電車にハードロックをあきらめさせたバンド。結成は80年代後半。ハードコアのライブを見て、おれならもっと凄いことができると始めたのはリーダーで身長・アクションすべてにおいてナイナイ岡村とうり二つな木幡東介が、岡村にはない「果てのないシリアス」さで観客すべてを圧倒する。死ぬまでに一度はライブを見ておいた方がいい。見せ物としてのミュージックというものがどういうものか、彼らは本当によく知っている。抽象的だが、そういわざるを得ない。ただ、濃いだけのバンドはどこにでもいる、でも本当のシリアスを知っているものはごくわずかだ。

DEW
現存する唯一のDEWフル音源。ハードロック好きなにんげんなら一度は通らなくてはならない道だと、勝手に思っている。演奏はどうでもいい、ボーカルの布谷文夫のキレ方におどろけ! 1971年フォークジャンボリーでのライブ。おなじ日、おなじステージに、彼がもといたバンドで旧友の竹田和夫率いる「ブルース・クリエーション」のグレートなライブがあり、それも続いて収録した。

その後、彼はDEWを解散し大瀧ファミリーの仲間入りをして、奇妙としかいいようのない「ナイアガラ音頭」をリリース、売れ行き不振のままサラリーマンになったが数年前復活。相変わらず相手が誰だれであろうとも食ってしまう熱いステージを繰り広げている。

ブルース・クリエーション
前述のDEWの狂乱ボーカリスト、布谷文夫が天才ギタリスト竹田和夫と組んでいたGSバンド「ビッキーズ」からブルースを演奏するために始めたのがこのブルース・クリエーションである。布谷は1st発売時点で脱退、代わりに入ったボーカリストがこのカタカナ英語で歌い倒す、これまた逸材の大沢博美である。2nd「悪魔と11人の子供達」でハードロック、とりわけブラック・サバスやクリムゾンを彷彿とさせるヘヴィ・チューンで日本ロック・ファンの度肝を抜く。

竹田和夫の分かれた女房で、未だに姓を名乗っている竹田さんとは東京で初めて行きつけになった近所のストーンズ・バーで知り合った。
「どんなひとでした?」
「あぁ、あいつはね、ただのギター少年なんだよ」
こういう、ロック・イディオムの中でインプロ・プレイするひとたちをどうにもこうにも忘れられない。ロックってそういうもんでしょ? なにも考えずにひたすら陶酔する、プレイヤもオーディエンスも。チューニングのずれすらかっこいいのは、焼けるほど熱い彼らのプレイそのものから来ていると思う。ハードロック最高!
後々、「クリエーション」と改名、マウンテンのフェリックス・パッパラルディとのセッション&プロデュース作などを発表した後「ロンリー・ハート」が大ブレイク。アダルト・ロックでゼニ儲けにいそしんだ。この辺はサンタナに近いものがある。この辺はハードロック最低!

続く。

日向正親WEBサイト
http://atemzeit.fem.jp/

NoMeansNo来日しました!!

来日まで眠れぬ夜を現状の最新作all roads lead to ausfahrtでやりくりしつつ、
いってきました十三はファンダンゴ。09/03/27のことです。
いやー仕事で打ち合わせが長引き、途中からあんまりそわそわしないで状態だったので何を急いとるのか不審に思われたかもしれぬがとにかくチャリンコをダッシュで漕いで家に到着、
ひさびさになにを着ようかと迷うこともなくタンス明けた目の前にはYouKillMeのシャツがくちゃっとまるまっていたのでそでを通したところパッツンパッツン。

来日まで眠れぬ夜を現状の最新作all roads lead to ausfahrtでやりくりしつつ、
いってきました十三はファンダンゴ。09/03/27のことです。
いやー仕事で打ち合わせが長引き、途中からあんまりそわそわしないで状態だったので何を急いとるのか不審に思われたかもしれぬがとにかくチャリンコをダッシュで漕いで家に到着、
ひさびさになにを着ようかと迷うこともなくタンス明けた目の前にはYouKillMeのシャツがくちゃっとまるまっていたのでそでを通したところパッツンパッツン。

youkillme
しゃれっけ出してロンTに重ね着したらさらにパッツンパッツンでアメリカのアホウっぽくなったので十三へ。

到着してひさしぶりの夜の十三、姐さんやポン引き、やんごとないリーマンの跋扈する中
気持ははやりながらもええ年こいてこのスケベ通りを速足で歩くのもダサいので大人の余裕でファンダンゴ到着。

キャッシャーでドリンク代はらっとると、奥のカウンターからアキラ登場!なんか話したような気がするが、きもそぞろで全然覚えとらん。
ちょうどはじまったとこかどうなのかはわからぬ午後8時半、ステージには13年ぶり?の御大達が!あいかわらずのバキバキな音質とえげつないテクニックでしびれるパンクチューンをたたきだしておる!
客席見渡すと見知った顔がちらほら、とりいそぎビールを片手にステージへ。

いやーーーしかし、前回の来日、あのころも爺やったけども、今回もあいかわらず爺!

あ!みんなハゲかけ!

曲は新旧とりまぜつつというよりファーストから現在までフォローするラインナップでうれしいかぎり。
合唱したり、拳振り上げたり、上着脱いだり、便所行く途中で見かけたSHINのケツたたいたり、
あっちゅうまに時はすぎ、舞台を退いて便所方面に向かうNoMeansNoの兄貴たち。

楽屋に帰らないところがさすがシニカルでユーモアたっぷりな兄貴たちのやりそうなことで、
アンコールはじまると、ステージわきからHIDE氏乱入!

なんか前回も乱入してた気がするが、たぶん時間はあの時のままつながっているんだろう。
最後OhNoBlunoとかハンソンブラザーズやったりでさくっとかえっていったけど、それでも時間は10時を超えており、ほんまようやってくれたと感謝のしきり。

ファンダンゴバータイム始まる中、水色ブレインの銀河クンとおれのほうがNoMeansNo好きじゃいとドングリの背比べしたり、クリトリックリスのスギムに嫁はん紹介してもろたり、シンとシャツほしーなー、金ないなーとだべったり、カウンターに陣取ってたアキラとたらたら話したりしながら、チケット代としてこずかい前借りしているぐらいなのでそそくさと自宅を目指す。

みなとバイバイして一人単三電池で稼働するMP3プレーヤーに入れたNoMeansNoをながしながら駅に向かうと、なんだかなんだかとっても切なくなってきた。
なんだろう、なんで気分が沈んでるんだろうと思いながら電車に乗り、本町で降りて地上に出ると、なんだか泣きたい気分。

そこではたと気づいた。これ本気で感謝してたときの気分といっしょや!
そうや!JohnnyCash聞いてボロボロ泣いた時の気分といっしょや!

人生の黄昏を垣間見た時の心持という、なんだかポツネンとしたこの感覚をかみしめながら自宅に到着。
どやった?と嫁に問われるも、なんとも答えられる気分でもなく、
雑炊あるでといわれたので頂くと、なんだかスッキリした。

なんや!腹減ってただけか!俺!

といった一日であった。

抽象を抽象化して笑い飛ばしてン十年、NoMeansNoははにかみながら永遠の中二で
ありつづけることだろうし、Icon化からすりぬけて、対峙するわしらをおちょくりつづけていくのやろう。

動画はおそらく1980年前後のデュオの時の映像。
ということはもう30年弱はやっとるのやな。ストイックでありつつ、カナダ無神論なイキフンがたっぷり。

NoMeansNoの諸先輩方はわしにとってヒーローであるのは当然として、
これからは人として目指していきたいと感じておる次第。

いや、いつかはきっと同じステージに立ちたい!

NOMEANSNO 来日ですよおおお!!!

NOMEANSNO Japan tour 2009!!!!
NOMEANSNO Japan tour 2009!!!!

Nomeansno
Attribution-NonCommercial-ShareAlike License by smileykt

SHINからうれしいタレこみ。

NOMEANSNO Japan tour 2009!!!!!!!!!!!!

これいきますよ!前回?前々回?ぶっつけ4時間強のライブ!
ハンソンブラザーズ楽しかった!!!!

というか、ほんまつい先日2006年に出てたアルバム、

All Roads Lead to Ausfahrt
を買ったばかりで、いきなりのwakeUP!!!!!!でプチ喜び中であったのだ。

これはいきますよ、ホンマ!!

「contrarede presents NOMEANSNO Japan tour 2009!!」

3/23 (mon) Shibuya, club QUATTRO (03-3477-8750)
w/special secret guest/ and more…..
open 18:00 / start 19:00 adv 5,500 / door6,000
PIA(P: 314-378), LAWSON(L: 72158)

3/24(tue) Nagoya, APOLLO THEATER (052-261-5308)
w/Nohshintoh / nisennenmondai
open 19:30 / start 20:00 adv 5,500 / door6,000
PIA(P: 314-408), LAWSON(L: 43120)

3/26(thu) Kyoto, UrBANGUILD (075-212-1125)
w/ULTRA BIDE/ and more…..
open 18:00 / start 19:00 adv 5,500 /door 6,000
PIA(P: 314-609), LAWSON(L: 58310)

3/27(fri) Osaka, FANDANGO (06-6308-1621)
w/TBA…….
open 18:00 / start 19:00 adv 5,500 / 6,000 (without drink)
PIA(P: 314-783), LAWSON(L: 58490)

企画制作 contrarede
問い合わせ contrarede : 03-6408-1593 / epistula@contrarede.com

ちなみに、johnがflickerやってて、こちら。
http://www.flickr.com/photos/ssmt/

ここ半年ほどのヘビーローテーション。Heavy Vegetable

去年の秋ぐらいからずーーーーっとこのバンド、Heavy Vegetableの2ndアルバム、frisbieをかけておる。、まるで初めてSEXPISTOLSを聞いた時のような、NapalmDeath を聞いた中高生の俺のような、というかそんな純真に弾うち込められたのではなく、ただひたすらずっと聞いていて、それでも飽きない。

去年の秋ぐらいからずーーーーっとこのバンド、Heavy Vegetableの2ndアルバム、frisbieをかけておる。、まるで初めてSEXPISTOLSを聞いた時のような、NapalmDeath を聞いた中高生の俺のような、というかそんな純真に弾うち込められたのではなく、ただひたすらずっと聞いていて、それでも飽きない。

Heavy Vegetable frisbie
Heavy Vegetable frisbie

きっかけは前職の同僚の超音楽マニアに最近のおすすめまとめてよとのたもうたところ、7枚組DVDぎっちり!のmp3を借受け、これはなんとならんととりあえず全部聞いて好きと思ったのと嫌いとおもったのを自分のところにおいておったのですが、その中でもまたふるいにかけ、残った楽曲の中に彼らのdaisyという曲があったのでした。その曲もえらい聞いておりましたのですが、というかituneのパーティーシャッフルでどんどん好きな音楽だけ抽出するようにしてるとこの曲だけ残ったのですが、そこまでいってようやくバンドが気になりだし、アルバム通して聴いたところ改めてかっこいい!

気になりだしたらもうとまらず、さがしまくってみるとITは便利なもので、すぐ消息がつかめたのでした。
どうやら今はpinbackというバンドで活躍してられる御仁がまとめておったグループのようで、
詳しくはこちらのサイトで。
http://pinback.s9.xrea.com/related/hv.html

で上記のサイト参考にまたIT最高なamazonで国内外からかきあつめたのでした。
The Amazing Undersea Adventures of Aqua Kitty and Friends by Heavy Vegetable (1994-09-27) 【並行輸入品】

で、1st。ジャケットがよいですね。猫が長男の我が家としてはこれはおちます。
オットセイが長男のあの子の家でも落ちることでしょう。

なかみは2ndよりハードで、当時聞いてたら好きな部類だったやろうねんけども、それでも凡百感はいなめず。順番に聞いてりゃよかったなーと思う次第。

Mondo Aqua Kitty

で、2000年

Stab at the Residents

で、ずっとなんかできいたことがあるなあとおもってたんやけど、
このコンピレーションにはいっとったんでした。

レジデンツコンピレーションとしては、秀逸なできですわ。
このコンピでもすてきなカバーかましてて、その時も好きなバンドだ!とおもっとったことを思い出し。
出会うべくして、出会ったのだな~と感慨深い次第。

そうして私はmixiにてコミュニティを作ったのであった。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4089924

Justin 御大のプロジェクトKRACKHEADから、デジタル再発!

ぼーっとRSSながめておると、ジャスティン御大のアバランチレコーディングからあたらしいのんがでたようで!

その名もKRACKHEAD、を、新しいプロジェクトかと思いきや、

First up is KRACKHEAD‘From Hell’. ‘From Hell’ compiles every track produced from this JKB (as the pseudonym JK Flesh) project, recorded between 1997 and 1999

とのことなんで、過去のプロジェクトからのリマスターの模様。
それでも、聞いたことないし、これは買ってみな!

Justin K Broadrick: Avalanche Recs new Digital Download only releases.

新年会のお知らせ

来る1/9金はわしベースで参加のシレトコがベアーズで新年会!です。

前売り1800、当日2000とリーズナブルな価格で、エロいジ酒とうまいアテを

ご相伴あれ!
ついでにバンドもみたってやー
対バンはひみつキング大兄や、あいこさんとようこさん、TV JACK 1000、わしらシレトコwith 地獄変とたもんしん。

当然二次会はえべっさん!!!!!!!

ようこそ2009!

もっと地酒をのまナイト

来る1/9金はわしベースで参加のシレトコがベアーズで新年会!です。

前売り1800、当日2000とリーズナブルな価格で、エロいジ酒とうまいアテを

ご相伴あれ!
ついでにバンドもみたってやー
対バンはひみつキング大兄や、あいこさんとようこさん、TV JACK 1000、わしらシレトコwith 地獄変とたもんしん。

当然二次会はえべっさん!!!!!!!

ようこそ2009!

シレトコライブと尿路結石とPipe69。

先週末はわしがベースで参加のsiletocoがベアーズでライブ。
500円ポッキリで日本酒・焼き鳥とかあてを飲み放題食い放題と大盤振る舞いで、
終わってきよっさん、シレトコメンツ、黒瀬さん、地獄変、桃色神社、UMLAUTテツっちゃんと王将で飲み。
飲んでくって、家にかえって寝てこましておると激痛がはしる!脇腹あたりからあの耐え難い痛みがひさしぶりにおこり、
ああ、また結石がおりてきてんのやなと困ることしきり。
とりあえず排出するため、水・茶をがぶのみしてその場でジャンプとか踏み台昇降とか、もも上げをしてとにかく体に動き与えて
降りてくるのを待つこと1時間、ようやくポロッとでてきたのやけど、まだ痛みはとれない。

これはもしかして、2つ目があるのか?とまた2時間ほど暴れたり、痛みにしゃがみ込んだり。
そのうち痛みが動き出し、ポコチンの奥の方に移動!
出したとき「うぐっ!」とうめき声だすぐらいの激痛がはしり、ようやく出てきたこいつは2mmほどのぽっちり。尿ストーン urinary calculosis

ほぅっとひといき、健康に感謝する一瞬。

で、夜からはpipe69にてのイベントを見に。

2008.10.25(Sat) searchanddestroy@pipe69

でとるのはデグルチーニ、one-minutes、スーパーヘイズ、1星狂、morgue side cinemaなどなど。
ざxこxばボーカルイノリとスーパー玉出前で待ち合わせてスイッチ入れつつ、pipe69へゴー。
アメ村はなんだか仮装ちゃんがてんこもりで、お持ち帰りちゅーか、拉致られるでてな具合のプリプリジューシー
ちゃんでいっぱい。pipe69にいってみると、強烈な人のイリ。
one-minutesでほたえ、ライブ間のchaosUKで叫び、1星狂でステッピン。
会社のスケーター同僚と出くわしたり、岡崎にボードもらう約束したりしつつ、気がつけば午前5時。
また玉手前であたらしい企みのネタあたためつつ家路に帰りついた次第。

バクト大阪2008

さて、不肖私は某ざxこxばというバンドでベース弾いておりますが、先日バクト大阪というイベントに出演しました。

イベントには6日の朝より現地に入り、祭りの空気を存分に味わってきましたんですな。

以下から、スライドショーできるとうれしいなあとか。

さて、不肖私は某ざxこxばというバンドでベース弾いておりますが、先日バクト大阪というイベントに出演しました。

イベントには6日の朝より現地に入り、祭りの空気を存分に味わってきましたんですな。

以下から、スライドショーできるとうれしいなあとか。

[imgset:72157607206664480,small,true]

アルケミー・サマーソニック08

いってきましたフリマから。フリマには豊人も連れて行き、DODDoDoブースのステッカーを物色。

バスタブシッターのステッカーを発掘したので購入。豊人はキラキラにこちゃんシール。

アルケミー・サマーソニック08

で本命の週末HANADEN処理場。

http://jp.youtube.com/watch?v=dhx8VbrbMWU

かっけえがった!

1977年にSexPistolsがいて、1991年にMudHoneyがいて、2008年にはなにがいるのかわからない。ましてあの娘の事ならわからない。

インターネットをふらついていると、あらますてきな記事が。
http://plaza.harmonix.ne.jp/~mayumix/mudhoney/review/japan1991.html
1991年に来日したときのマッドハニーのはなし。
会場はサンホール。そう、わしもそこにいたのだ。確か前後にスケーターズナイトとかあって、ボアダムズいろいろ動き出してたとき。

対バンで初めてUFO or DIEをみたのやった。

このページを見て、そのときのライブ、たしか録音してたなーとか、フロアの客がステージいっぱいに上がってそのままダイブとかほんま混沌としててよかったなーとか感慨にひとしきり浸った後。
前、同じページ見て、同じようなことを書いたような気がするなあ。ふむ。

ところで、今2008年。思えばあのときから、まさか17年すぎた????


インターネットをふらついていると、あらますてきな記事が。

http://plaza.harmonix.ne.jp/~mayumix/mudhoney/review/japan1991.html

1991年に来日したときのマッドハニーのはなし。

MudHoney1991JapanTour

MudHoney1991JapanTour

会場はサンホール。そう、わしもそこにいたのだ。確か前後にスケーターズナイトとかあって、ボアダムズいろいろ動き出してたとき。

対バンで初めてUFO or DIEをみたのやった。

このページを見て、そのときのライブ、たしか録音してたなーとか、フロアの客がステージいっぱいに上がってそのままダイブとかほんま混沌としててよかったなーとか感慨にひとしきり浸った後。

前、同じページ見て、同じようなことを書いたような気がするなあ。ふむ。

ところで、今2008年。思えばあのときから、まさか17年すぎた????

ためしに、SexPistolsがうごめいたときから、Mudhonyのライブまで14年。

当時は1977年はものすゲー過去、歴史遺産なみの感覚受けてたのに。

今はそのときよりも時間を経てるのやわ!

10年はちっとも長くないのだ。

ロックはまったくもって歴史は浅いんだ。

というか、人の活動期間自体がとてもとても短いのやわ。

ビートルズは60年代?から数えて50年近くか、

そのころ20台なら70オーバーぐらい。これはちょい人生感じるなあ。

今は2008年、音楽は(哀しいかな)昔ほど心を占めなくなった。

2008年に見渡してみたところには、わしがあの当時のように憧れる場所はどうも見えずらい。

ああ、憧れの場所じゃない。心を震わす場所や。

91年のあの時、混沌の衝撃をうけとって、20年ちかくたった。昨日みたいな、昨日に感じるモノとあまりかわらないような。

20年は短かい。今週の金曜までの方が長いんだわ。

未来はずっと待ちどおしくて。 過去は背を伸ばし、颯爽と遠ざかっていく。

つーても、MudHoneyはしれっと立っておる。かわらずひょろひょろしてるなあ。

[amazon]B0016MJ2Q4[/amazon]

インディペンデントゲームの真髄!AUDIO SURF

こいつぁすごいですビリビリきます。WipeOut好きなら是非購入かと。おもいますわ。
タイトルどおり、音乗りゲームなんすわほんま。手持ちのMP3とかをぶっこむと、コチコチ解析して、ビートや音色、緩急をそのままコースにして、その上で譜面のようにちらばるブロックをガシガシとっていくんすが、なんつーても、曲が盛り上がっていくところではアップの坂道になって、頂点でブレイク!ふっと止まったりしよります!んで、一気にダウンを加速とかゆう感じで音楽の進行を、視覚的にしかも操作できてる感じ、たまらないですわ。音楽の新しい楽しみ方ですわほんま。

http://www.audio-surf.com/

こいつぁすごいですビリビリきます。WipeOut好きなら是非購入かと。おもいますわ。

タイトルどおり、音乗りゲームなんすわほんま。手持ちのMP3とかをぶっこむと、コチコチ解析して、ビートや音色、緩急をそのままコースにして、その上で譜面のようにちらばるブロックをガシガシとっていくんすが、なんつーても、曲が盛り上がっていくところではアップの坂道になって、頂点でブレイク!ふっと止まったりしよります!んで、一気にダウンを加速とかゆう感じで音楽の進行を、視覚的にしかも操作できてる感じ、たまらないですわ。

音楽の新しい楽しみ方ですわほんま。

つーか、絶対にAUDIOSURF用の音楽できますな。つーかperfumeとかいいかもしんない。
ケミカル万歳!

公式からはDEMOも落とせますし、Steam/erなら、さっさと購入すべし!9ドルだし。

SHURE E2C の劣化したケーブルを改造そして。。。 SHURE E2C mod

ケーブルが劣化したSHUREのE2C、ついに断線まで始め、どないしたモンかと思案しきり、
盟友であるULTRAFUCKERSドラマー兼ざxこxばギター兼DryEyesVJ兼、ハードウェアパンクス
AlienWorks氏に修理を依頼した。

で、待つことしばし、帰ってきたのがこいつ。
なんだこれは!!!!なんかマシンがついとる!!

ケーブルが劣化したSHUREのE2C、ついに断線まで始め、どないしたモンかと思案しきり、
盟友であるULTRAFUCKERSドラマー兼ざxこxばギター兼DryEyesVJ兼、ハードウェアパンクス
AlienWorks氏に修理を依頼した。

で、待つことしばし、帰ってきたのがこいつ。

SHURE E2C mod

なんだこれは!!!!なんかマシンがついとる!!

SHURE E2C mod

どうみてもスイッチ。
AlienWorks氏いわく、右耳がNotListenなわし用にモノラルに切り替えられるようにしてくれたとのこと。

というか、

SHURE E2C mod

切り離し可能!すごーーいイヤフォン。

SHURE E2C mod
サイバーサイバー、かつなんだkスチームパンクな感じもちらほらしませんか?

を、インターネット上にAlienWorksのサイト発見。

http://alientom.at.infoseek.co.jp/